Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム不具合で個人情報が流出 - インデックス・コミュニケーションズ

インデックスグループで、出版事業を展開するインデックス・コミュニケーションズは、システムの不備により一部顧客情報が流出したと発表した。

2007年11月より実施している「香水選び完全FILE 2008年度版」のアンケートシステムに不具合が見つかったもの。同社によれば、通信プロトコルに誤ってHTTPを利用し、本来利用するはずだったSSLによる暗号化が行われず、さらに一定条件下において直前に回答した一部利用者の情報が表示されてしまったという。

2月28日に利用者から本人とは関係ない別の利用者の個人情報が表示されているとの指摘を受けて判明し、同社調査で2007年11月から2008年1月にかけて実施した別の2種類のアンケートでも同様の問題が発生、最大48人分の個人情報が閲覧された可能性があることがわかった。閲覧された可能性がある4人を含む142人については、通信が暗号化されていなかった。

同社では、連絡が取れた顧客について情報漏洩のおそれがある利用者に対して500円の金券を送付する。また44人についてはユーザーが特定できていないことから、調査を希望するユーザーに対しては個別に対応するという。

(Security NEXT - 2008/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
クーポンサイトでアカウントを重複発行 - ソースネクスト
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要