Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報や広告メールに関するアンケートを実施 - JCA

日本コンプライアンス協会は、消費者や事業者を対象に、個人情報保護や広告メールに関するアンケートを実施している。同協会のウェブサイトより回答可能で、受け付け期間は4月30日まで。

今回のアンケートでは、「消費者編」と「事業者編」を用意。消費者編では、ウェブサイトへ個人情報を入力する際の不安要素、メールマガジンやメール広告の登録時における基準、迷惑メール対策などについて質問している。

一方、事業者編では、ウェブサイト経由の個人情報取得や安全性をアピールするための手段のほか、特定電子メール法改正に関する設問や行政への要望といった内容になっている。

同協会では、個人情報の適正な取り扱いや事業者のメール配信の適正化について研究を進めており、アンケート調査結果を今後の活動における資料として活用する予定。

(Security NEXT - 2008/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
6割超の企業がOSSのポリシーを策定せず、4割がOSSの管理者不在
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる