Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部事業者との協議メモがLimeWire経由で流出 - 長崎県

長崎県が航空路線などについて全日空と協議を行った際のメモが、インターネット上へ流出したことがわかった。

流出したのは、2007年11月22日に同県と全日空が東京で実施した協議の内容が記されたメモ。協議終了後、同月24日に同県地域振興部地域政策課の職員が、自宅パソコンで作成していた。

同職員は、メモ作成後もパソコン内からデータを削除しておらず、家族がファイル共有ソフト「LimeWire」をインストール、利用したことから外部へ流出したと見られている。またメモ以外にも、2003年に実施したPRイベントで撮影されたスナップ写真が流出した。

同県では、やむを得ず外部で作業する際に、「Winny」などをインストールしておらず、ネットワークに接続されていないパソコンで作業するよう定めており、終了後はデータを削除するよう指導していた。今後関係者に対して事情を説明し、謝罪するという。

(Security NEXT - 2008/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

核関連機関の端末が不正通信 - 核物質防護への影響は否定
法人顧客の従業員情報が流出した可能性、原因調査中 - NTTドコモ
元契約社員のPCからファイル共有ソフト経由で顧客情報流出 - NTT西
ファイル共有ソフト経由の個人情報流出、あらたに1万人が判明 - 秋田市
ファイル共有ソフト経由の個人情報流出、あらたに279件の被害が判明 - 秋田市
バックアップに利用した職員私用PCからファイル共有ソフトで情報流出 - 秋田市
取引先関係者の個人情報がファイル共有ソフト経由で流出 - パナソニック関連会社
住所録がファイル共有ソフト経由で流出 - パナソニック
入口扉の暗証番号含むマンション情報がファイル共有ソフト経由で流出 - 大阪市水道局
個人情報含む業務メールが流出、ファイル共有ソフト経由か - パナソニック