Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤操作による同報ファックスで表彰推薦者情報が流出 - 大阪府

大阪府は、3月26日にファックスの誤送信が発生し、2008年度憲法記念日表彰候補者の推薦者情報を流出したと発表した。

同府私学課が、候補者が在籍する学校とやりとりする際、誤って府内の私立小中高学校88校へ同報ファックスを誤送信したもの。ファックスを受信した学校の指摘により判明した。

ファックスには表彰候補者の氏名や年齢、職名、住所などが記載されていたという。同府では、誤送付の対象となった各学校へ謝罪文を送信。ファックスの廃棄を依頼したという。

(Security NEXT - 2008/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
ツアー申込者のファックスを別会社へ誤送信 - トヨタツーリスト
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
宿泊者のリストを別の宿にFAX送信 - トヨタツーリスト
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
不正アクセスで顧客情報が流出 - 印刷通販会社