Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月に最低水準だったフィッシング詐欺が再び増加 - 日本語サイトも複数出現

フィッシング対策協議会は、2月に国内で発生したフィッシング詐欺の状況をとりまとめ、公表した。

1月における同協会への届け出は4件と最低水準だったが、2月は7件増加して11件となった。フィッシングメールは前月の3倍となる9件、フィッシングサイトも3件から8件へと大幅に増加したものの、いずれも2007年平均より3件から5件少ない状況となっている。

一方で被害が目立ったのはブランドの悪用で、2007年末と同様に再び高い水準となり、過去1年を通じても2番目に多い7件を記録。なかでも金融業が5件と目立っており、「イーバンク銀行」や「PayPal」などが被害に遭っている。

また「Yahoo! JAPAN」や「mixi」を模倣したフィッシング詐欺サイトなど日本語によるフィッシング詐欺も増加傾向にあり、同協会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用