Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

原子力施設関係者の緊急連絡名簿を紛失 - 文科省

文部科学省は、原子力施設でトラブルが発生した際に使用する緊急連絡用の関係者名簿を紛失したと発表した。

紛失したのは、同省科学技術・学術政策局原子力安全課原子力規制室が作成した関係者名簿で、3月22日に職員が鉄道やバスで移動した際に、身分証明書などとともに鞄ごと紛失したという。

同名簿は、原子力施設における危機対応のため職員が携帯しており、関係者264人分の情報が記載されていた。同省では、紛失判明後に警察や公共交通機関へ遺失物として届けている。

(Security NEXT - 2008/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島第一原発の報告メールで誤送信、個人情報が流出 - 東電
原子力損害賠償の請求書を紛失 - 東電
核関連機関の端末が不正通信 - 核物質防護への影響は否定
個人情報含む原子力損害賠償請求書を紛失 - 東電
「もんじゅ」PCのウイルス感染経路、「GOM Player」のアップデートと断定
「もんじゅ」のPCにウイルス、情報漏洩の可能性 - 核防護関連は含まれず
福島第一原発事故の賠償関連書類をごみ箱に廃棄、一部所在不明に - 東電委託先
原発事故の賠償関連書類を電車に置き忘れ - 東電
原子力機構のウイルス感染、関係者リストが外部漏洩した可能性
原子力機構のPC3台がウイルス感染 - 不正行為の告発情報など流出か