Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSを悪用した架空請求に注意呼びかけ - 国民生活センター

国民生活センターは、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を通じて発信されている架空請求メールに関する相談が寄せられているとして、注意を呼びかけている。

問題の架空請求メールは、実際は利用していない「総合情報サイト」の料金などを不正に請求する手口。メールには、「発信者端末電子名義認証」を行ったなど、あたかも利用者の情報を入手しているかのように書かれており、支払わないと住民票の取得や身辺調査を実施して請求するといった脅迫的な内容が記載されている。

ショートメッセージサービスは、同じ携帯電話事業者同士であれば、無料サービスとして提供されるケースも増えており、さらにメールアドレスが不明でも電話番号さえあればメールが送信できることから、こうしたしくみを悪用したものと見られている。

同センターでは、身に覚えのない請求を受けた場合はメールに記載された連絡先へは連絡せず、消費生活センターへ相談するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2008/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取
アンケート回答で「iPhone Xプレゼント」とだます「偽日本郵便」に注意を
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ