Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSを悪用した架空請求に注意呼びかけ - 国民生活センター

国民生活センターは、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)を通じて発信されている架空請求メールに関する相談が寄せられているとして、注意を呼びかけている。

問題の架空請求メールは、実際は利用していない「総合情報サイト」の料金などを不正に請求する手口。メールには、「発信者端末電子名義認証」を行ったなど、あたかも利用者の情報を入手しているかのように書かれており、支払わないと住民票の取得や身辺調査を実施して請求するといった脅迫的な内容が記載されている。

ショートメッセージサービスは、同じ携帯電話事業者同士であれば、無料サービスとして提供されるケースも増えており、さらにメールアドレスが不明でも電話番号さえあればメールが送信できることから、こうしたしくみを悪用したものと見られている。

同センターでは、身に覚えのない請求を受けた場合はメールに記載された連絡先へは連絡せず、消費生活センターへ相談するようアナウンスしている。

(Security NEXT - 2008/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple