Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Wordファイル利用したゼロデイ攻撃に注意 - Jetの脆弱性を悪用

マイクロソフトは、「Microsoft Jet Database Engine」に脆弱性が見つかったとしてアドバイザリを公開した。

同脆弱性は、改変したWordファイルを通じて攻撃を受ける可能性があるもので、すでに同社ではゼロデイ攻撃を確認しているという。攻撃を受けた場合、バッファオーバーフローが発生し、リモートでコードが実行されるおそれがある。

同社によれば、脆弱性を悪用するためには、ウェブ上から改変されたWordファイルへアクセスさせ、さらにウェブ上で細工したコンテンツを配信する必要があるため、利用者が攻撃を受けるまでに複数の操作を行う必要があることから、リスクは「限定的」だと説明している。

影響を受けるのは、「Windows 2000 SP4」や「同XP SP2」「同Server 2003 SP1」で「Word 2000 SP3」以降を利用した場合。「同Server 2003 SP2」や「同Vista」以降は影響を受けない。同社では、ほかに同様の影響を受けるアプリケーションがないか調査を進めている。

同社では、Jetの実行権限を制限したり、信頼できないWordファイルを開いたりしないよう注意を呼びかけており、調査が終わり次第、更新プログラムの提供など、対策を実施する予定。

マイクロソフトセキュリティ アドバイザリ
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/950627.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2008/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず