Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報最大7000件が元店舗よりWinny流出か - 楽天

楽天は、インターネットモール「楽天市場」へ以前出店していた店舗から、ファイル共有ソフト「Winny」を通じて顧客情報が流出した可能性があることを明らかにした。

流出元と見られているのは、楽天市場へ2004年9月から2005年6月まで出店していた「豆腐専門店 金沢・炭谷屋」。楽天の調査によれば、店舗のパソコンがファイル交換ソフトに感染し、外部へ流出した可能性が高いという。

流出したのは、おもに懸賞へ応募した顧客の氏名や住所、電話番号、メールアドレス、生年月日など、最大7019人分の個人情報で、店舗が関連する顧客へメールで連絡を取っている。楽天では確認作業を進めているが、3年近く前に退店した店舗のため照合に時間がかかることから、今回公表に踏み切った。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増