Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュア環境実現する国産VMソフトのアルファ版を公開 - 筑波大

筑波大学は、セキュリティ向上を目的とした仮想マシン環境を実現するソフトウェア「BitVisor」を開発し、アルファ版を公開した。

同ソフトウェアは、「Windows」や「Linux」など、ゲストOSが動作する仮想マシン環境を実現するソフトの開発初期版。ゲストOSの入出力内容を監視、暗号化することで、ストレージやネットワーク,ID管理など、ゲストOSに依存しない独立したセキュリティ環境を導入できる。文部科学省で採択された研究課題として、同大を中心としたセキュアVMプロジェクトが開発を進めている。

同ソフトでは、最低限必要な入出力のみ監視、仮想化する準パススルー型アーキテクチャを採用。コア部分のソースコードは約2万行と軽量で、オーバーヘッドの低減やセキュリティの向上などを実現したという。

今回公開されたのは、VMMコアのバイナリとソースコード、およびVPNクライアントのソースコードで、プロジェクトのウェブサイトよりダウンロードできる。

同プロジェクトでは、同ソフトについて「日本発のオープンソースソフトウェアとして育てていきたい」としており、今後も各方面の意見などを参考にしながら引き続き開発、公開を進める予定。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
脆弱性登録は2867件、前四半期比1.8倍 - 「Linux Kernel」が210件で最多
住民からの相談記録4000件を紛失、誤廃棄か - 熊本市
中部電力ら、産学でセキュリティ分野を共同研究
15.3%の企業で被害、ランサムで泣き寝入りも
2017年1Qの脆弱性届け出はソフトウェアが88件 - 情報家電やルータなど目立つ
会員のメールアドレスリストを誤送信 - 医療人材紹介会社
NEC、オーストリアのコンサル会社とサイバー攻撃対策で協業