Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュア環境実現する国産VMソフトのアルファ版を公開 - 筑波大

筑波大学は、セキュリティ向上を目的とした仮想マシン環境を実現するソフトウェア「BitVisor」を開発し、アルファ版を公開した。

同ソフトウェアは、「Windows」や「Linux」など、ゲストOSが動作する仮想マシン環境を実現するソフトの開発初期版。ゲストOSの入出力内容を監視、暗号化することで、ストレージやネットワーク,ID管理など、ゲストOSに依存しない独立したセキュリティ環境を導入できる。文部科学省で採択された研究課題として、同大を中心としたセキュアVMプロジェクトが開発を進めている。

同ソフトでは、最低限必要な入出力のみ監視、仮想化する準パススルー型アーキテクチャを採用。コア部分のソースコードは約2万行と軽量で、オーバーヘッドの低減やセキュリティの向上などを実現したという。

今回公開されたのは、VMMコアのバイナリとソースコード、およびVPNクライアントのソースコードで、プロジェクトのウェブサイトよりダウンロードできる。

同プロジェクトでは、同ソフトについて「日本発のオープンソースソフトウェアとして育てていきたい」としており、今後も各方面の意見などを参考にしながら引き続き開発、公開を進める予定。

(Security NEXT - 2008/03/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨発掘マルウェアが侵入、393台に感染拡大 - 甲南学園
偽「佐川急便」の不在通知SMS、今度は認証コード詐取するスミッシング
アンケートサイトが不正ログインを検知 - 他所流出のリストを悪用か
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
大手企業の約9割、サイバー攻撃対応に自信 - 5割超で演習など実施
教員免許更新講習の連絡メールで誤送信、メアド流出 - 山形大
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - パッチ公開は8月14日を予定
「FreeBSD」にもTCP実装に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ