Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アイ・オー製無線LANルータの初期設定にセキュリティ上の問題 - 設定変更を

アイ・オー・データ機器製無線LANルータの一部製品において、初期設定にセキュリティ上の問題が存在していることがわかった。同社や情報処理推進機構では、注意を呼びかけている。

問題が明らかになったのは、「WN-APG/R シリーズ」「WN-WAPG/R シリーズ」の一部製品。古いファームウェアが適用された機種で初期設定が変更されていないと、認証機能が無効であるため、外部よりウェブ管理画面へアクセスできるという。不正に操作された場合、管理用パスワードやファイアウォールの設定の変更、情報漏洩などネットワークが危険にさらされる可能性がある。

セキュリティの設定を初期設定の「標準」から「中」「高」「カスタム」へ変更するか、ルータの設定画面へパスワードを設定することで問題を回避できる。またファームウェアを最新バージョンへアップデートするか設定を変更を行うことで脆弱性を回避できる。

お客様への大切なお知らせ
http://www.iodata.jp/news/oshirase.htm

アイ・オー・データ機器
http://www.iodata.jp/

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2008/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず