Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪電通大が大学院生を処分 - 「ウイルス作成は決して許されざる行為」

大阪電気通信大学は、大学院生がウイルスを作成、配布し、その際、アニメ画像を無断で利用したことによる著作権法違反や個人情報を流出したことによる名誉毀損により、2007年2月に逮捕、起訴された問題で、問題の大学院生に対し、懲戒処分を行った。

個人情報を流出したことは取り返しがつかない重大な行為で、ウイルスをネットワーク上へ拡散させたことは、情報倫理が求められる教育機関として許されざる行為と指摘。裁判については今後を見守るとしながらも、今回の一連の行動が学則に違反するとして、本人に事実確認をした上で、大学院の教授会の審議により3月15日から無期停学の懲戒処分を決定した。

今後同大では、同大学院生の更生をすすめるとしており、学生部長を中心とした補導チームにより教育指導を定期的に行うという。

(Security NEXT - 2008/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず