Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機能強化や脆弱性を解消する「Kaspersky 7.0 MP1」が約1カ月ぶりに再公開

ジャストシステムは、不具合が見つかったとして、一時提供を中止していたKaspersky製品向けメインテナンスパックを再公開した。

再公開されたメインテナンスパックは、「Kaspersky Internet Security 7.0 MP1」「Kaspersky Anti-Virus 7.0 MP1」。悪意あるプログラムを実行した際に、システムエラーが発生したり、ソフトが無効になるなど、3件の脆弱性を解消。同社ではいずれの脆弱性も危険性は低いとしているが、適用を呼びかけている。

またIPv6対応、キーロガーの検出やセルフディフェンス機能の強化、処理速度の向上、メモリ消費量の低減など、機能を改善した。さらにKIS向けメインテナンスパックでは、ペアレンタルコントロールモジュールやアンチスパム対策の改良が行われている。

同社では、当初2月13日にこれらプログラムを公開したが、適用した場合、Windows Updateが完了しなくなるなど不具合が発生する可能性があるとして、同月15日に公開を中止していた。

(Security NEXT - 2008/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響