Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機能強化や脆弱性を解消する「Kaspersky 7.0 MP1」が約1カ月ぶりに再公開

ジャストシステムは、不具合が見つかったとして、一時提供を中止していたKaspersky製品向けメインテナンスパックを再公開した。

再公開されたメインテナンスパックは、「Kaspersky Internet Security 7.0 MP1」「Kaspersky Anti-Virus 7.0 MP1」。悪意あるプログラムを実行した際に、システムエラーが発生したり、ソフトが無効になるなど、3件の脆弱性を解消。同社ではいずれの脆弱性も危険性は低いとしているが、適用を呼びかけている。

またIPv6対応、キーロガーの検出やセルフディフェンス機能の強化、処理速度の向上、メモリ消費量の低減など、機能を改善した。さらにKIS向けメインテナンスパックでは、ペアレンタルコントロールモジュールやアンチスパム対策の改良が行われている。

同社では、当初2月13日にこれらプログラムを公開したが、適用した場合、Windows Updateが完了しなくなるなど不具合が発生する可能性があるとして、同月15日に公開を中止していた。

(Security NEXT - 2008/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
源泉所得税の振込依頼書を紛失、徴収漏れも発生 - 大阪市
「VMware Workstation」「Fusion」に脆弱性 - アップデートで対応
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「strongSwan VPN」に脆弱性 - サービス拒否に陥るおそれ
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
複数ネットワーク機器に感染する「VPNFilter」が判明 - 少なくとも54カ国50万台に感染か
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増