Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

機能強化や脆弱性を解消する「Kaspersky 7.0 MP1」が約1カ月ぶりに再公開

ジャストシステムは、不具合が見つかったとして、一時提供を中止していたKaspersky製品向けメインテナンスパックを再公開した。

再公開されたメインテナンスパックは、「Kaspersky Internet Security 7.0 MP1」「Kaspersky Anti-Virus 7.0 MP1」。悪意あるプログラムを実行した際に、システムエラーが発生したり、ソフトが無効になるなど、3件の脆弱性を解消。同社ではいずれの脆弱性も危険性は低いとしているが、適用を呼びかけている。

またIPv6対応、キーロガーの検出やセルフディフェンス機能の強化、処理速度の向上、メモリ消費量の低減など、機能を改善した。さらにKIS向けメインテナンスパックでは、ペアレンタルコントロールモジュールやアンチスパム対策の改良が行われている。

同社では、当初2月13日にこれらプログラムを公開したが、適用した場合、Windows Updateが完了しなくなるなど不具合が発生する可能性があるとして、同月15日に公開を中止していた。

(Security NEXT - 2008/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県