Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緊急通報システムの利用者情報を紛失 - 京都市の再委託先

京都市の業務委託先が、緊急通報システム利用者の個人情報を紛失したことがわかった。

同市が業務を委託している富士通アクセスの再委託先が、工事や点検に利用する工事関連資料を3月10日に京都市内で紛失したもの。紛失した資料には、氏名や住所、電話番号など25件の個人情報が記載されていた。

富士通アクセスによれば、今回の紛失資料の不正利用などは発生していないという。同社では、関連する顧客を訪問し、事情を説明し謝罪している。

(Security NEXT - 2008/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
MUFGカード利用者を狙ったフィッシング - 「IDを変更した」とだます手口
マルウェア亜種の減少傾向続く - 一方でスパムは増加
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
スマートフォンを利用して「どこでも本人確認」
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
残保存年限20年の行政文書が所在不明に - 千葉県
意見書提出者の個人情報をサイトに誤掲載 - 吹田市