Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

留守電から個人情報が家族に漏洩 - 神奈川県が謝罪

神奈川県は、2月29日に湘南地域県政総合センターで発生した個人情報の取り扱いミスを公表した。

同センターが県民から相談を受け付け、関連書類を受領したことを相談者宅の留守番電話へ録音したことにより、相談していることが家族に事実が明らかになったもので、3月3日に相談者より苦情が寄せられたという。

同県では今回の件について、個人情報保護条例における目的外提供や安全性などの確保措置に違反したことを認め、関係者に謝罪した。

(Security NEXT - 2008/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響