Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

トレンドマイクロのサイトが改ざん被害 - 閲覧でウイルス感染のおそれ

トレンドマイクロは、同社ウェブサイトで提供しているウイルス情報ページの一部が、改ざん被害に遭ったと発表した。問題のページを閲覧した場合、ウイルス感染のおそれがあるという。

同社によれば、3月11日19時ごろに改ざんされたもので、3月12日11時30分に問題のページを閉鎖。改ざんされたページは、日本語サイトと英語サイトあわせて32ページにのぼり、期間中に閲覧した場合、ウイルス「JS_DLOADER.TZE」がダウンロードされ、感染する可能性がある。

同社では、閲覧した利用者に対し、最新のウイルス対策ソフトや同社オンラインスキャンでウイルスに感染していないかチェックするよう呼びかけている。また同社製品のユーザーについては、3月10日に同ウイルスへ対応しており、最新のパターンファイルを適用していれば、感染のおそれはないと説明している。

(Security NEXT - 2008/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か