Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童相談所職員が個人情報を紛失 - 電車内での鞄整理が原因か

埼玉県は、川越児童相談所の課長級職員が、児童の個人情報71人分を紛失したと発表した。

紛失が判明したのは、坂戸市教育委員会が3月5日に開催した就学支援委員会の配布資料。同職員は委員会終了後、事務所へ戻らず自宅へ帰宅しており、翌日出勤した際に紛失に気が付いたという。帰宅途中の電車内で鞄の中を整理するため、書類の出し入れを行っており、その際に紛失したと見られている。

紛失した資料には、児童の名簿や精密検査の結果など、個人情報71人分が含まれる。原則返却扱いの資料だったが、業務のため取り扱い注意を条件に持ち帰っていた。

同県では今回の事故を受け、10日に関係する児童の保護者を訪問し、事情を説明した上で謝罪した。不正利用されたといった報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2008/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
千代田区の図書館サイト、1カ月にわたり公開停止
警視庁と仮想通貨取引所10社、サイバー犯罪の対処で協定
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
宿泊者予約者の個人情報をメールで誤送信 - 京急EXイン
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中