Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童相談所職員が個人情報を紛失 - 電車内での鞄整理が原因か

埼玉県は、川越児童相談所の課長級職員が、児童の個人情報71人分を紛失したと発表した。

紛失が判明したのは、坂戸市教育委員会が3月5日に開催した就学支援委員会の配布資料。同職員は委員会終了後、事務所へ戻らず自宅へ帰宅しており、翌日出勤した際に紛失に気が付いたという。帰宅途中の電車内で鞄の中を整理するため、書類の出し入れを行っており、その際に紛失したと見られている。

紛失した資料には、児童の名簿や精密検査の結果など、個人情報71人分が含まれる。原則返却扱いの資料だったが、業務のため取り扱い注意を条件に持ち帰っていた。

同県では今回の事故を受け、10日に関係する児童の保護者を訪問し、事情を説明した上で謝罪した。不正利用されたといった報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2008/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避