Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

十条電子とチアルが業務提携 - 持出データ制御できる暗号化USBメモリを発売

十条電子とチアル・アンド・アソシエイツは、USBメモリのセキュリティ分野で業務提携し、持ち出したデータのアクセス制御を実現する「Solid Secure Filer」を提供開始する。

同製品は、USBメモリ「SolidKey」により、ファイルのアクセス権限や持ち出しを制御するセキュリティソリューション。「SolidKey」をファイルサーバの認証キーとして利用することで、サーバ上の共有ファイルに対し、ユーザーごとにコピーや閲覧、保存、印刷、持ち出し、メール添付など、アクセス権限を設定できる。

また「SolidKey」は暗号化機能を備えており、同USBメモリに対してのみ、ファイルの持ち出しを許可することが可能。同USBメモリ上のファイルについても、独自にアクセス権限を設定できるため、持ち出した際も私用PCや外部メディアへの不正コピーを防止することができる。

(Security NEXT - 2008/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず