Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ移行時の事務処理ミスで3254件の誤請求 - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、第3種パケット交換サービス利用者の一部に対し、利用料金を誤請求していたことを明らかにした。

同社によれば、誤請求は2002年2月から2008年2月まで発生し、過大請求が760件で金額は約3300万円、過少請求が2494件で金額は約1億8200万円にのぼるという。

誤請求の原因は、NTTグループ再編成の際に構築した「料金請求システム」へデータ移行時の事務処理ミスによるもの。また移行後も解約申し込みの処理時でミスが発生していた。

同社では、過大請求の対象者に対し利息を含め全額返還する。また過少請求の対象者には、差額分の料金請求は行わないとしている。

NTTコミュニケーションズ
http://www.ntt.com/

(Security NEXT - 2008/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
パスワードリスト攻撃の事前スクリーニング、大胆なその手口
就職支援サイトのシステムに不具合、別人にメール送信 - 長崎県
AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向