Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証でシステム障害、2銘柄の取引が一時停止 - 後場より再開

東京証券取引所において、システム障害が発生した。一部取引に影響が出たが、午後より取引を再開する予定。

今回のシステム障害による影響で、10日前場におけるアルプス電気と名古屋鉄道の取引が停止。東証では、午後の立会について12時5分から注文を受け付け、13時より両社株式の売買を再開するとしている。

また、投資信託「ダイワ上場投信―東証電気機器株価指数」についてもシステムの障害により、9時14分まで立会の開始が遅延した。

東証では、2月にもプログラムミスにより派生システムで障害が発生し、取引が停止する事故が発生し、関係者を処分したばかり。

東京証券取引所
http://www.tse.or.jp/

(Security NEXT - 2008/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院