Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの脆弱性診断や書き込み監視などをパッケージ化 - KCCS

京セラコミュニケーションシステムは、サイトの信頼性や安全性の向上を支援する各種サービスをパッケージ化した「データセンター安心パック」の提供を開始した。

同サービスは、同社のデータセンター「D@TA Center」を利用した専用ホスティングサービスと、脆弱性診断や監視サービスなど安全なサイト運営に必要な各種サービスをパッケージ化したもの。3種のサービスが用意されており、ニーズに応じて導入することができる。

ホスティングサービスにサイトの脆弱性診断をセットにした「セキュリティパック」では、脆弱性診断にくわえ、詳細な結果レポートや対策アドバイスを提供。ドメイン単位で提供し、年間2ドメインまで利用できる。価格は初期費用が90万3000円。月額費用が15万3300円。

ホスティングサービスにサイトへの書き込みを監視するサービスをセットした「サイト監視パック」では、コミュニティーサイトや掲示板に対する書き込みの有人監視を代行。不適切な書き込みに対する警告や削除などの掲載判断を提供する。投稿件数の上限は月1000件。対応時間は30分以内。初期費用が42万円。月額費用が30万300円。

このほか、アクセス解析をプラスした「アクセス解析パック」も用意されている。

(Security NEXT - 2008/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ