Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BフレッツのONUに不具合 - 1万6247台に影響

NTT東日本は、関東や信越など1都9県において、Bフレッツハイパーファミリータイプやマンションタイプの回線終端装置「ONU」1万6247台に不具合があったと発表した。

2007年12月以降に設置した同装置の一部でソフトウェアの不具合が見つかったもの。050で始まるIP電話の通信をほかの通信より優先させる設定を行った場合、通信ができなくなるという。ただし、同社が提供しているひかり電話については影響ない。

同社では不具合を修正したソフトウェアを準備を進めており、遠隔更新により提供する予定。また提供前に不具合が発生した場合は装置を交換する。

NTT東日本
http://www.ntt-east.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
パスワード認証の無効化で「パスワードリスト攻撃」に対抗 - ヤフー
6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
会社貸与の業務用携帯電話をホテルで紛失 - スミノエ
初心者向けオンラインCTF「SECCON Beginners CTF 2018」が開催