Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム障害で会員の個人情報が流出 - 高速バス予約サイト

高速バスの予約システム「発車オーライネット」においてシステム障害が発生し、一部会員の個人情報を誤って送信していたことがわかった。

同システムを運用する埼玉県戸田市の工房によれば、同システムにおいて、予約ファイルが破損する障害が発生。2月28日11時から12時の間に同システムで予約した顧客へ、別の顧客の名前や電話番号などの個人情報が記載された予約完了メールを送信したという。

同社では、誤送信の対象となった顧客および送信先に対し説明と謝罪を行い、誤送信された個人情報の削除を依頼した。また、予約確認メールへの個人情報記載を禁止するなど再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
不正ログインの試行件数が5、6月に上昇 - 1カ月あたり40億件以上
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」