Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブラウザの脆弱性狙う未知の脅威にも対応 「ノートン 360」最新版

シマンテックは、コンシューマ向け統合セキュリティソフトの最新版「ノートン 360バージョン2.0」を、同社オンラインショップで販売開始した。店頭発売は3月28日を予定している。

同製品は、ウイルス、スパイウェア対策をはじめ、不正侵入防止、フィッシング対策、個人情報保護、自動バックアップ、パフォーマンス最適化などの機能を備えた統合セキュリティソフト。

最新版では、ワイヤレス環境や接続されたネットワークの設定管理について専門的なアドバイスを行う監視機能を搭載。またブラウザの脆弱性を悪用した未知の脅威をブロックする「ブラウザ・プロテクション」機能を装備している。

パスワードをはじめとする個人情報を安全に管理し、自動入力機能も実現する「ノートン IDセーフ」は、「IDプロテクション」機能と連携しながらフィッシングサイトをブロックできる。

また、バックアップ機能を強化し、保存可能メディアにiPodやブルーレイディスクを追加。無償オプションのアドオンパックを追加することで、保護者機能やスパム対策機能が利用できる。標準版の価格は、ダウンロード版が8190円。パッケージ版はオープン価格。最大3台のパソコンにインストールできる。

(Security NEXT - 2008/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
IPA、若年層向け啓発コンクールの受賞候補作を公開 - 意見を募集