Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

mixiの利用規約全面改定で波紋 - 条文の修正を検討

ミクシィは、同社が運用するSNSサイト「mixi」において利用規約の改定を3月3日発表したが、一部で波紋を呼んでいる。

同社では3月3日付けで、4月1日に全面改定を実施することをアナウンスしたが、一部著作権に関する条文に対して利用者から反発する意見が出ている。

問題の条文は、日記などの使用許諾に関するもので、同社がユーザーにより投稿された日記を無償かつ非独占的に複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変など行えるとし、さらに著作者人格権を行使しないと明記したことから、問題視する声があがった。

同社では翌4日、利用者の反応を受け、問題の条文について、サーバへ保存する際についてデータ形式や容量が変更されたり、閲覧時にデータが送信されることを示したもので、あくまで利用者に著作権があり、無断で使用することはないと釈明。日記が無断で書籍化されるといった声についても、了承なく進めることはないとアナウンスした。

さらに5日には、利用規約の改定に関して引き続き検討を行い、日記など利用者に著作権があることを明記するなど条文を修正すると発表。問い合わせに対する「Q&A」を提供ことを検討するなど対応に追われている。

ミクシィ
http://mixi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避