Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

mixiの利用規約全面改定で波紋 - 条文の修正を検討

ミクシィは、同社が運用するSNSサイト「mixi」において利用規約の改定を3月3日発表したが、一部で波紋を呼んでいる。

同社では3月3日付けで、4月1日に全面改定を実施することをアナウンスしたが、一部著作権に関する条文に対して利用者から反発する意見が出ている。

問題の条文は、日記などの使用許諾に関するもので、同社がユーザーにより投稿された日記を無償かつ非独占的に複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変など行えるとし、さらに著作者人格権を行使しないと明記したことから、問題視する声があがった。

同社では翌4日、利用者の反応を受け、問題の条文について、サーバへ保存する際についてデータ形式や容量が変更されたり、閲覧時にデータが送信されることを示したもので、あくまで利用者に著作権があり、無断で使用することはないと釈明。日記が無断で書籍化されるといった声についても、了承なく進めることはないとアナウンスした。

さらに5日には、利用規約の改定に関して引き続き検討を行い、日記など利用者に著作権があることを明記するなど条文を修正すると発表。問い合わせに対する「Q&A」を提供ことを検討するなど対応に追われている。

ミクシィ
http://mixi.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割