Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「携帯端末のセキュリティに不安」72% - 事業者に対策求める声も

携帯端末ユーザーの約7割がセキュリティに対して不安を感じていることがわかった。また、セキュリティ対策を通信事業者の責任と考えるユーザーも約6割と多い。

米McAfeeが米国や英国、日本など3カ国の携帯端末利用者2000人を対象に調査を実施したもの。音声やメッセージサービスについては比較的高い信頼を得ている一方、モバイル決済やマルチメディアサービスにおけるセキュリティ対策へ不安も高まっていることを報告している。

モバイル決済やバンキングサービスについては55%が不安を感じていることが判明。マルチメディアのダウンロードやクーポン、チケット購入についても40%を超え、全体では72%に達した。しかし、不安を感じているユーザーが多いものの、携帯端末に対してセキュリティ対策を実施していないユーザーは79%と大半で、さらに15%はセキュリティレベルさえ把握していないという。

ウイルスへ遭遇したり、感染した人を知っているといった回答も14%にのぼり、セキュリティ対策を通信事業者の責任と考えるユーザーも59%と多く、セキュリティ機能がプリインストールされ、無償で提供されることを望む声も56%と過半数を超えている。

(Security NEXT - 2008/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大