Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1月の国内フィッシング状況は大幅減少 - 過去1年で最低

フィッシング対策協議会は、1月の国内におけるフィッシング詐欺の状況を取りまとめ、公表した。

2007年は8月以降増加傾向にあり、12月には26件と7月に続いて攻撃が増加していたが、1月は一転4件と大幅に減少した。またフィッシングメールについても26件から3件となり、いずれも過去1年を通じて最低となった。

ブランドを悪用されたケースも3件と12月の6件から半減した。「PayPal」と「Citibank」を偽装したフィッシングサイトやメールが登場しており、いずれも英語だったが、両サービスとも国内に利用者がいることから、同協議会では被害への警戒を強めている。

また、mixiの偽物として、「mixe」や「mymixy」など確認されたほか、「mixi運営事務局」を騙るフィッシングメールなど出回っており、同協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AIに関する課題、「理解不足」が約7割 - 導入効果への不安も
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「Winny」などのファイル共有ソフト、GWに約9万人が使用
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳
悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
個人情報含む携帯電話の紛失を公表 - 沖縄ケーブルネット
デジタル・フォレンジック研究会が15周年、シンポジウム開催