Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「毎日見ているサイトでウイルス発見」 - サイト改ざんにIPAが警告

情報処理推進機構によると、「毎日見ているサイトで突然ウイルスが発見された」といった相談が増えているという。

こうした相談増加には、脆弱性を攻撃されたことによりウェブサイトが改ざんされ、ウイルスの感染ルートとなってしまっている背景がある。

こうした状況において、利用者側では、OSやアプリケーションなど最新にしておくことや、ウイルス対策ソフトを最新の状態にしておくなど、防衛策はあるものの、ウェブサイトの脆弱性を確認することは困難であるとして、同機構ではウェブサイトの運営者に対して対策を呼びかけている。

具体的には、サーバのOSやアプリケーションの脆弱性解消や改ざんの検知、不正侵入対策などで、いずれも 「必須項目」として挙げている。また、同機構では、2007年9月より「安全なウェブサイトの作り方 改訂第2版」を配布しており、ウェブサイトから手に入れることが可能。

さらに同機構では、こうした正規サイトの改ざん被害とは異なるが、検索サイトの上位に不正サイトが表示される「SEOポイズニング」が発生していることも指摘。検索サイトの上位が必ずしも安全ではないとして警告を発している。

(Security NEXT - 2008/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず