Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

委託先の監督強化盛り込んだ改正個人情報保護ガイドライン - 経産省

経済産業省は、経済産業分野における個人情報保護法のガイドラインを改正し、3月1日付けで施行した。

業務委託先から個人情報が漏洩する事故など多発していることから、今回の改正では、委託時における委託元の監督責任について明確な内容を盛り込んだ。また個人情報を委託する際に、業務に必要のない個人データの提供の禁止している。

委託先の管理強化については、委託先における個人情報の安全管理状況を確認した上で選定することや、安全管理について契約に盛り込むこと、さらに契約どおりに委託先で個人データが取り扱われているか実施状況を把握することが望ましいとして、委託元に具体的な対策を求める。

またクレジットカード情報など、漏洩事故が発生した場合に二次被害へ発展する可能性が高い個人データについては、より高い水準による監督が必要とした。

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず