Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスターコーポレートエディション」などにバッファオーバーフローの脆弱性

トレンドマイクロの「ウイルスバスターコーポレートエディション」など3製品にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった。同社では修正プログラムの準備を進めている。

今回脆弱性が見つかったのは、「ウイルスバスターコーポレートエディション」「ウイルスバスタービジネスセキュリティ」「Client/Server Security」の一部バージョン。管理コンソールの認証を行うCGIモジュールに脆弱性が存在し、攻撃を受けた場合、スタックバッファオーバーフローによりサービス不能となる可能性がある。

同社では、ファイアウォールの設定など脆弱性の回避策をウェブページで公開。また修正プログラムの開発を進めており、「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0/7.3」「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 3.6/3.5」については3月13日にパッチをリリースする見込み。他製品については現在調整を行っているいる。

アドバイザリ
http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2063153

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設
詳細調査の結果を公表、情報流出の形跡確認されず - ソフバンテク
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍
ALSI、不正通信の無料診断を期間限定で提供
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
MS、定例外でセキュリティ修正パッチを公開 - 「Outlook」の脆弱性や不具合へ対処
月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
MS、月例セキュリティ更新をリリース - 脆弱性54件を解消
「McAfee Web Gateway」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨