Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスターコーポレートエディション」などにバッファオーバーフローの脆弱性

トレンドマイクロの「ウイルスバスターコーポレートエディション」など3製品にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった。同社では修正プログラムの準備を進めている。

今回脆弱性が見つかったのは、「ウイルスバスターコーポレートエディション」「ウイルスバスタービジネスセキュリティ」「Client/Server Security」の一部バージョン。管理コンソールの認証を行うCGIモジュールに脆弱性が存在し、攻撃を受けた場合、スタックバッファオーバーフローによりサービス不能となる可能性がある。

同社では、ファイアウォールの設定など脆弱性の回避策をウェブページで公開。また修正プログラムの開発を進めており、「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0/7.3」「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 3.6/3.5」については3月13日にパッチをリリースする見込み。他製品については現在調整を行っているいる。

アドバイザリ
http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2063153

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準
「WordPress」に複数の脆弱性 - プレースホルダ利用でもSQLiのおそれ
「Apache Tomcat」に複数の脆弱性 - アップデートがリリース
業務外で閲覧した個人情報を知人に提供、職員を処分 - 唐津市
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
複数のVMware製品に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース