Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ウイルスバスターコーポレートエディション」などにバッファオーバーフローの脆弱性

トレンドマイクロの「ウイルスバスターコーポレートエディション」など3製品にバッファオーバーフローの脆弱性が見つかった。同社では修正プログラムの準備を進めている。

今回脆弱性が見つかったのは、「ウイルスバスターコーポレートエディション」「ウイルスバスタービジネスセキュリティ」「Client/Server Security」の一部バージョン。管理コンソールの認証を行うCGIモジュールに脆弱性が存在し、攻撃を受けた場合、スタックバッファオーバーフローによりサービス不能となる可能性がある。

同社では、ファイアウォールの設定など脆弱性の回避策をウェブページで公開。また修正プログラムの開発を進めており、「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0/7.3」「Trend Micro ウイルスバスター ビジネスセキュリティ 3.6/3.5」については3月13日にパッチをリリースする見込み。他製品については現在調整を行っているいる。

アドバイザリ
http://esupport.trendmicro.co.jp/supportjp/viewxml.do?ContentID=JP-2063153

トレンドマイクロ
http://www.trendmicro.co.jp/

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JINS通販サイトで個人情報が流出か - 「Apache Struts 2」脆弱性が再度原因に
イベント来場者への礼状メールを誤送信 - シャープ
連絡メール誤送信で区政会議委員のメアド流出 - 大阪市
不正アクセスによる個人情報漏洩でGMO-PGに報告を要請 - 経産省
D-Link製複数ルータに管理機能を悪用されるおそれ
「Drupal」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を解消
自動車セキュリティの取組ガイドに改訂版 - 製造工程での脅威対策を追加
岡山大病院の医療用端末2台がマルウェア感染、外部との不正通信 - ログ解析で発覚
2月のESETによるマルウェア検出、6割以上がJavaScript型
「パスワード変更完了」偽通知メールに注意 - 「ウェブマネー」装うフィッシングが発生