Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「コミュニケーション系サイトへのフィルタリング困る」 - 中高生の8割弱

モバイルリサーチを行っているネットエイジアは、中学生と高校生を対象に、「携帯電話フィルタリングサービス」に対する意識調査を実施、その結果を公表した。

同調査は、フィルタリングサービスの規制対象となる13才から17才の学生ユーザーを対象に実施したもの。回答数は394人。まず、実際に有害サイトへアクセスした経験について質問したところ、「アダルト」が27.7%ともっとも多く、次いで「出会い系・援助交際」が10.2%、「グロテスク・暴力」9.9%、「いじめ」7.1%、「自殺」3.8%となった。

またフィルタリングサービスの内容や実施については74.6%が理解。フィルタリングによりコミュニケーション系のサイトが利用できなくなると「かなり困る」と回答したのは45.7%で、「少し困る」と合わせると77.5%を占めた。

実際にフィルタリングをかけられた場合の対処については、「親に頼んで解除してもらう」が51.8%。そのうち6割は親が解除を許してくれると考えている。「解除しない」と答えたのは6.3%にとどまった。

フィルタリングをかけられた場合、インターネットの利用時間や頻度が「かなり減る」としたのは35.3%、「半分くらいに減る」が15.2%。これに「少し減る」と答えた24.1%を合わせると74.6%となった。対して「変わらない」は23.6%、「安心だから増える」はわずか1.8%だった。利用時間が多いユーザーほど減少の度合いが著しい傾向だった。

(Security NEXT - 2008/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装