Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

行事参加者の個人情報含むPCが事務所荒らし被害 - 神奈川県公園施設

神奈川県立丹沢湖ビジターセンターにおいて盗難が発生し、自然観察会などの行事参加者約150人の個人情報が保存されたパソコンなどが盗まれた。

被害に遭ったのはパソコン3台と現金などで、そのうち1台のパソコンには、これまで同センターが実施した行事への参加者約150人の氏名、住所、電話番号、年齢、性別など個人情報が含まれていた。2月21日早朝、何者かが建物裏の扉をバールでこじ開けて侵入し、持ち去ったとみられている。

防犯装置が作動し、警備委託会社が警察に通報。約20分後に警察が到着したが、すでに犯人の姿はなかったという。県から同センターの管理を委託されている神奈川県公園協会では、同日中に被害届を提出。また対象となる関係者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
カードゲーム通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
「Docker」の既知脆弱性にPoC - 影響大きく更新状態の確認を
受講生の個人情報を置き忘れて紛失 - バスケットボール教室
JCBカード利用者を狙うフィッシング攻撃が発生
ネットバンク不正送金の多発で金融庁が注意喚起
「PayPay」装うフィッシング - 加盟店やフリマ利用者がターゲット
出光クレジットの通販サイト装うなりすましメールに注意
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減