Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPサイト上の個人情報14万件が一時アクセス可能に - 閲覧の形跡も

日本ヒューレット・パッカードは、ウェブサイト上で取得した顧客情報が一時外部よりアクセスできる状態となり、個人情報が流出したことを明らかにした。

一時閲覧可能となったのは、2008年1月31日から2月20日までの間に同社サイト上でキャンペーンやセミナーへの申し込みやアンケートの回答のために登録された顧客情報。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど、のべ13万9583件が含まれ、同社の調査によれば、データにアクセスされた形跡があったという。

同社では、問題発覚後にシステムの改修を実施しており、現在はアクセスできない状態で、二次被害の報告も受けていないとしている。関係する顧客は特定できるため、同社ではメールや書面で個別に事情を説明する。

(Security NEXT - 2008/02/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロンの制御機器向けツールパッケージに複数脆弱性
「Chrome 71」がリリース、脆弱性など43件を修正 - 不正広告対策も
再び「Adobe Flash Player」が緊急アップデート - すでに脆弱性の悪用コード流通
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
小学校教員が個人情報写り込んだ画像をインスタ投稿 - 港区