Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規ソフト出品の裏で海賊版を販売した男性が逮捕 - 入手先は「Limewire」

北海道警生活経済課と手稲署は、オークションサイト「ヤフーオークション」で「ATOK」の海賊版を販売した新宿区の男性を著作権法違反容疑で逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、容疑者の男性は正規ソフトを出品しつつも、安価なソフトの用意があることをほのめかし、問い合わせを募って海賊版を販売していた。男性は、不正ソフトをファイル交換ソフト「Limewire」から入手しており、海賊版ソフト200枚などが押収されている。

また同男性は、2007年10月31日に海賊版販売容疑で逮捕されている男性から海賊版の購入歴があり、捜査の課程で犯行が発覚した。同男性の購入者で逮捕に至ったのは今回で3回目。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市