Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員のメール送信ミスでアドレス30件が流出 - 特許庁

特許庁において、メールの送信ミスによるメールアドレスの流出事故が発生したことがわかった。

同庁職員が、2月26日に業務委託先担当者へ業務メールを送信した際、メールアドレスを宛先に記載したことから30人分の情報がほかの受信者から確認できる状態になったもの。

同職員は発信直後、事故に気が付き、関係者へ謝罪し、問題のメールについて削除するよう依頼したという。同庁では2007年10月にも誤送信によるメールアドレスの流出事故が発生しており、今回の事故を受け、職員に対して再度メール送信に関して指導を行ったという。

(Security NEXT - 2008/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに
「Office 365」の管理者狙うフィッシング攻撃 - さらなる攻撃の起点に
メール誤送信で社会実験参加者のメアド流出
国内暗号鍵管理市場は3.3%成長 - DLPは横ばい
なりすましメールに注意呼びかけ - 国分グループ本社
「Chrome 78.0.3904.108」が公開 - セキュリティ関連で修正5件
高校で生徒の映像が記録されたビデオカメラを紛失 - 大阪府