Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールのうっかり送信ミスや同報配信のアドレス流出を防止する新製品

CSK Winテクノロジとセンドメールは、メールの誤送信防止ソリューション「PlayBackMail」を、4月より発売する。

同製品は、センドメールのメールサーバ製品を活用したメールセキュリティソリューション。送信メールを隔離領域に一時保留し、一定時間経過後に自動で配信する「送信保留機能」を搭載。保留状態で誤送信に気が付けば、削除することができる。

また、「添付ファイル自動暗号化機能」を装備。自動で暗号化を行うため、誤って送信してしまった場合も添付ファイル経由の情報漏洩を防止できる。さらに大量の「To」「CC」ヘッダを含んでいた際、削除や加工することが可能で、ヘッダ経由の情報流出対策にも活用できる。

ゲートウェイとして動作するため既存のメールシステムに追加することが可能。Windows版とLinux版を用意した。利用にはSendmailライセンスが必要となる。

(Security NEXT - 2008/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

出光クレジットの通販サイト装うなりすましメールに注意
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援
海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟