Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

信用金庫のシステム障害が解消 - 原因は調査中

全国信用金庫データ通信システムに障害が発生し、25日に約74万件の為替取引に影響が出た問題で、信金中央金庫は同システムが復旧したと発表した。

同システムは、全国の信用金庫の為替取引に利用されているもの。今回の事故の影響で、25日朝から信用金庫から銀行をはじめとする他金融機関への為替取引に障害が発生。約74万件の処理が一時不能となった。

同金庫によれば、26日8時30分以降、同システムは正常に稼働し、滞っていた取引についても順次処理しているという。同金庫では、事故原因の詳細について調査を進めている。

信金中央金庫
http://www.shinkin-central-bank.jp/

(Security NEXT - 2008/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外出張先で患者情報含むPC盗難 - 徳島大病院
Android版「Outlook」に定例外セキュリティ更新
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートを
PHP脆弱性狙うランサム攻撃「NextCry」が発生
メルアカ乗っ取りで迷惑メールの踏み台に - 日ポリ化工
フルリゾルバ「Unbound」に任意のコードを実行されるおそれ
ニュースメール誤送信で会員のメアド流出 - 日本診療放射線技師連盟
誤送信で講習会申込者のメアド流出 - 兵庫県作業療法士会
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
偽金融取引ソフトに注意 - macOSもターゲットに