Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正侵入の統合管理を実現する「Sourcefire 3D System」を発売 - dit

ディアイティは、米Sourcefire製セキュリティ上の問題を検知、防御するアプライアンス「Sourcefire 3D System」を発売する。

同製品は、2種類のアプライアンスと1種類のライセンス製品で構成されている不正侵入対策ソリューション。

「Sourcefire 3D Sensor」は、ネットワークを監視し、不正侵入の発見や防御を行うアプライアンス製品で、検出エンジンに「Snort」を採用。脅威に対する警告や防御、検疫など行える。また脅威に対するあたらしい定義の追加にも対応した。

一方、「Sourcefire 3D Sensor」にプリインストールされ、ライセンスにより提供される「Sourcefire RNA」は、ネットワークを監視し、クライアントの状況を可視化することが可能。さらにアプライアンスとして提供される「Sourcefire Defense Center」では、複数のIPSを集中管理を実現でき、「Sourcefire RNA」のネットワーク情報と脅威情報を相関づけて解析することができる。

(Security NEXT - 2008/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大