Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版をShareで入手、ブログで販売した男が御用

北海道警と札幌方面中央署、美唄署は、ブログを利用して顧客を集め、海賊版を販売していた神戸市の会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は2007年9月から12月にかけてジャストシステムの「一太郎2007特別優待版」や、コーエーの「信長の野望・革新 with パワーアップキット」など、3回にわたり海賊版を販売。購入者が警察へ相談、発売元のベンダーに連絡が入り、告訴へ繋がった。ACCSでも海賊版販売を確認していたという。

男性はブログを7サイトにわたり運営し、海賊版ソフトのリストを掲載して集客。2007年3月ごろから海賊版の販売を始め、約400万円を売り上げていたという。販売していたソフトは、ファイル交換ソフト「Share」経由で入手していたと見られている。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

抜け漏れないウェブのセキュリティ対策を - IPAがポイント20カ条
「WordPress」に複数脆弱性、「同5.0.1」がリリース - 旧版向け更新も
「会員料金未納」と不安あおる偽メールに注意 - セブン&アイHDになりすまし
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ダム放流のお知らせメールを誤送信 - 新潟県
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
MS月例パッチ修正の脆弱性、複数APTグループがゼロデイ攻撃に悪用か
「Chrome 71.0.3578.98」がリリース、UAFの脆弱性を解消