Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海賊版をShareで入手、ブログで販売した男が御用

北海道警と札幌方面中央署、美唄署は、ブログを利用して顧客を集め、海賊版を販売していた神戸市の会社員男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、男性は2007年9月から12月にかけてジャストシステムの「一太郎2007特別優待版」や、コーエーの「信長の野望・革新 with パワーアップキット」など、3回にわたり海賊版を販売。購入者が警察へ相談、発売元のベンダーに連絡が入り、告訴へ繋がった。ACCSでも海賊版販売を確認していたという。

男性はブログを7サイトにわたり運営し、海賊版ソフトのリストを掲載して集客。2007年3月ごろから海賊版の販売を始め、約400万円を売り上げていたという。販売していたソフトは、ファイル交換ソフト「Share」経由で入手していたと見られている。

コンピュータソフトウェア著作権協会
http://www2.accsjp.or.jp/

(Security NEXT - 2008/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
IDなしに認証できる「IDレス指紋認証プラグイン」を提供 - DDS
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
IPA、小中高生向け啓発コンクールの候補作を選出 - 意見を募集中
「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割