Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

派生システムの障害発生で関係者を処分 - 東証

東京証券取引所は、2月8日に発生したシステムの障害を受け、関係者の処分を発表した。

今回のシステム障害は、開発ベンダーのプログラムミスによるものでチェック体制に問題があったことが原因する一方、同取引所においても監督体制も不十分だったと認めた。

東証では、市場の管理運営責任を果たせなかったとして、役員関係者4名について減給1カ月とし、システム運用の責任者2人に対して厳重注意とした。

今後は品質強化を目指し、高負荷テストの再実施やプログラムの検証など進める。また、プロジェクトの管理体制や発生時の対応など見直しを実施し、障害訓練の実施などを定期的に実施するとう。

東京証券取引所
http://www.tse.or.jp/

(Security NEXT - 2008/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
セシール通販サイトに不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響
「SECCON 2017」予選、上位100チームを発表
「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大