Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハードディスクデータ消去ソフトの認定制度をスタート - RITEA

中古情報機器協会は、パソコン用ハードディスク内のデータ消去ソフトについて、評価や認定を行う「RITEA 認定パーソナルコンピュータ内蔵ハードディスクドライブデータ消去ソフトウェア」資格制度をスタートした。

同協会では、中古パソコンの残存データによる漏洩事故防止に向けてガイドラインを2007年2月に策定。今回、さらに国内に流通しているデータ消去ソフトについて同ガイドラインに対応したものか評価、認定する制度を設立し、第1回目の評価を実施した。

資格認定における調査内容は、データ消去評価、OS非依存性評価、HDD不具合検出評価、処理終了メッセージ評価、証明書機能評価の5項目。国内大手のパソコンメーカー2社が調査を行い、両社から合格の判定が出たソフトを同協会が判断し、資格を付与する。

資格を取得した事業者は同協会のサイト上で順次公開されるほか、資格を取得した製品には認定ロゴが付与される。

(Security NEXT - 2008/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大