Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハードディスクデータ消去ソフトの認定制度をスタート - RITEA

中古情報機器協会は、パソコン用ハードディスク内のデータ消去ソフトについて、評価や認定を行う「RITEA 認定パーソナルコンピュータ内蔵ハードディスクドライブデータ消去ソフトウェア」資格制度をスタートした。

同協会では、中古パソコンの残存データによる漏洩事故防止に向けてガイドラインを2007年2月に策定。今回、さらに国内に流通しているデータ消去ソフトについて同ガイドラインに対応したものか評価、認定する制度を設立し、第1回目の評価を実施した。

資格認定における調査内容は、データ消去評価、OS非依存性評価、HDD不具合検出評価、処理終了メッセージ評価、証明書機能評価の5項目。国内大手のパソコンメーカー2社が調査を行い、両社から合格の判定が出たソフトを同協会が判断し、資格を付与する。

資格を取得した事業者は同協会のサイト上で順次公開されるほか、資格を取得した製品には認定ロゴが付与される。

(Security NEXT - 2008/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民間でも活用できるネットワークカメラのセキュリティ要件チェックリスト
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
「ディノスオンラインショップ」に不正ログイン - 情報改ざんや不正注文が発生
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「VMware AirWatch Console」のアクセス制御に脆弱性
一部製品のTLS実装に暗号解読される脆弱性、「ROBOT攻撃」受けるおそれ - 「Facebook」などにも影響