Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯端末のデータ暗号化で協業 - アイティーとローレル

アイティーとローレルインテリジェントシステムズは、iアプリ向けソリューションにおける暗号化技術で協業した。

ローレルが、同社暗号化アルゴリズム「SXAL/MBAL」をもとに、iアプリ向けにモジュール化した「モバイル端末向け暗号Lib」を開発、アイティーが業務用ソリューション「Web-Refer」に組み込むもの。

同アルゴリズムは、PC向けセキュリティツール「FSSスマートシリーズ」へすでに採用されており、今回容量が小さい携帯用モジュールを開発、携帯電話内のデータ暗号化を実現した。今後、各キャリアへ対応していく予定。

アイティーでは、「検針支援システム」「取付工事支援システム」や、医療分野への応用を視野に拡販を目指すという。

(Security NEXT - 2008/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
三菱製シーケンサのCPUユニットにDoS脆弱性
イベント案内メール誤送信、企業のメアド流出 - 新潟県
患者情報が飲食店駐車場で盗難被害に - 半田病院
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性