Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「過剰反応に具体策を」 日本新聞協会が個人情報保護に意見

日本新聞協会は、内閣府が1月18日に公表した「個人情報保護に関する基本方針」の改正案に対して意見を提出した。

同協会では、個人情報保護法が原因で発生しているいわゆる「過剰反応」による混乱や、同法を理由とした官公庁や公的機関による情報隠しといった問題を従来より指摘しているが、依然問題は収まっていないとし、今回の改正案についても対策が不十分として意見を提出したもの。

今回の改正案では、過剰問題について広報、啓発活動といった内容が盛り込まれたが、具体的な措置が示されていないとし、報道機関に対する情報提供を適用外にするなど具体的に説明するよう求めた。

(Security NEXT - 2008/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アーティストグッズ通販サイトに不正アクセス - 偽決済画面へ誘導
「Cisco PI」「Cisco EPNM」の「REST API」に深刻な脆弱性
CMSの「Movable Type」にオープンリダイレクトの脆弱性
ドコモを装うスミッシング - ID情報や銀行口座情報を多段階に詐取
児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ