Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資料請求者の個人情報が携帯サイト上で閲覧可能に - プラン・ジャパン

発展途上国の支援を行っている日本フォスター・プラン協会の携帯電話向けサイトにおいて、資料請求のため入力された個人情報が、関係ない第三者により一時閲覧できる状態となった。

2月12日から翌13日まで、同協会携帯電話向けサイト上の資料請求フォームに入力した個人情報が、次の請求者が入力するまでの間、フォーム上にデータが残り、閲覧可能な状態だったもの。

閲覧可能な状態にあったのは、携帯電話向けメールマガジンを経由して資料請求を行った利用者の個人情報で、最大13人の氏名、住所、電話番号、メールアドレス、性別が約1200人に閲覧された可能性があるという。

同協会では、問題発覚後にフォームを閉鎖して調査を実施。メールマガジンに掲載されたURLから、データベースへ入力する前に保存される一時データへアクセスできる状態となっていたことが判明したという。

同協会ではシステムの設定を変更し、セッション保持時間を短縮するなど対応策を実施した。また、個人情報が閲覧された可能性のある13人に対し、個別に連絡し、謝罪している。

(Security NEXT - 2008/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

児童の個人情報含む資料を誤って送信 - 新潟県
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
アルペンにPWリスト攻撃 - 攻撃者は複数店舗でポイント使用
ローソン、サイトやアプリを再開 - 情報流出など確認されず
「Zendesk」の一部顧客情報が流出 - 外部の指摘で判明
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
海外子会社でマルウェア感染、本社偽うメールで - 双葉電子
「VMware Workstation」などに複数脆弱性を解消するアップデート
「フィッシングメール見破れる」国内外で大きな差
10月のフィッシングサイト、過去最多に - 報告は8000件を突破