Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索サイトのキャッシュ上に顧客情報流出 - らでぃっしゅぼーや

有機野菜や無添加食品の販売事業などを展開するらでぃっしゅぼーやは、同社が運営する通販サイト「PICODELI(ピコデリ)」の顧客情報が、一時検索サイト上にキャッシュとして登録されていたと発表した。すでに削除は完了しているという。

同社では、2007年11月にサーバの設定ミスにより、顧客の個人情報が外部から閲覧できる状態となる事故が発生。事故を公表して設定の変更など対応していたが、2008年1月27日に同社顧客の指摘により、閲覧可能だったデータが検索サイト上のキャッシュに流出していたことが、あらたに判明したという。

流出したのは、同サイトで商品を購入した顧客情報609件で、氏名や住所、電話番号など含まれる。2007年7月9日から2008年2月18日まで閲覧できる状態だった。同社では、検索エンジンの運営会社へ削除を依頼し、すでに同社で削除を確認したとしている。

同社では、所管官庁である経済産業省へ事故を報告。また関連する顧客に対して再度謝罪のメールと書面の送付した。また不正利用の報告は受けていないが、引き続き検索サイトのキャッシュについて監視するとしている。

(Security NEXT - 2008/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール