Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索サイトのキャッシュ上に顧客情報流出 - らでぃっしゅぼーや

有機野菜や無添加食品の販売事業などを展開するらでぃっしゅぼーやは、同社が運営する通販サイト「PICODELI(ピコデリ)」の顧客情報が、一時検索サイト上にキャッシュとして登録されていたと発表した。すでに削除は完了しているという。

同社では、2007年11月にサーバの設定ミスにより、顧客の個人情報が外部から閲覧できる状態となる事故が発生。事故を公表して設定の変更など対応していたが、2008年1月27日に同社顧客の指摘により、閲覧可能だったデータが検索サイト上のキャッシュに流出していたことが、あらたに判明したという。

流出したのは、同サイトで商品を購入した顧客情報609件で、氏名や住所、電話番号など含まれる。2007年7月9日から2008年2月18日まで閲覧できる状態だった。同社では、検索エンジンの運営会社へ削除を依頼し、すでに同社で削除を確認したとしている。

同社では、所管官庁である経済産業省へ事故を報告。また関連する顧客に対して再度謝罪のメールと書面の送付した。また不正利用の報告は受けていないが、引き続き検索サイトのキャッシュについて監視するとしている。

(Security NEXT - 2008/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
DB管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性 - 修正版が公開
「Firefox 64」がリリース - 深刻な脆弱性などを修正
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
「Adobe Acrobat/Reader」、脆弱性87件に対処 - 当初予定より高い重要度
iOS用「ノートン」に新版 - ローカルVPN利用の不正サイト対策など搭載
「Amazon FreeRTOS」の複数脆弱性、詳細公表される - コード実行やDoSのおそれ