Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、迷惑メール送信で行政処分 - 「未承諾広告」表示せず

総務省は、兵庫県姫路市でダイエット用品などの販売を手がけるビューティースタイルに対し、特定電子メール法に違反したとして改善命令を行った。同法違反による行政処分は、2005年9月以来2年5カ月ぶり5回目。

同社が、2007年12月から2008年1月にかけて送信したダイエット用品や美容用品の広告メールが、同法に違反していたことから業務改善命令が行われたもの。受信者に送信の同意を得ていないメールを送信する際、件名に「未承諾広告※」を表示せず、本文にも送信者表示に不備があるなど、同法に違反していたという。

(Security NEXT - 2008/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール