Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸市立病院で患者情報含む学会資料を紛失 - 匿名化前に

神戸市立医療センター中央市民病院に勤務する職員が、患者152人の個人情報が記録されたフロッピーディスクなどを通勤途中に紛失したことが判明した。

紛失したディスクに保存されていたのは、糖尿病と歯周病に関する研究資料で、患者152人の氏名、性別、年齢、病名、残存歯数、喫煙年数、主治医名などが含まれる。また、患者1人については、検査データ結果の写しも同時に紛失した。いずれも学会の発表で使用するために所持していたもので、匿名化していなかった。

2月14日朝、職員が通勤の途中で手元にないことに気付いたという。自宅にもなかったことから、通勤途中に紛失したと見られており、警察へ届け出た。同病院では、関連する患者に対し説明と謝罪を行う。

(Security NEXT - 2008/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

画像ファイルに悪用コード隠す「ステガノグラフィ」 - 無償ツールが拡大後押しか
総務省、セキュリティ人材育成で検討会 - 地方での人材確保も焦点に
家電操作対応東芝製HEMSに複数脆弱性 - 機器の制御奪われるおそれ
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
仮想環境管理ツール「vROps」に権限昇格の脆弱性
システム不具合の通知メールで誤送信、メアド流出 - 沖縄タイムス
職員が自動転送していたフリーメールに不正アクセス、個人情報が流出 - 兵庫教育大
マルチOS環境で利用できる指紋認証搭載USBメモリ - PQI Japan