Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員の私有PCから取引先企業の従業員情報がWinny流出 - 日立

日立製作所は、取引先企業の従業員約6000人に関する個人情報を含む業務関連情報が、従業員の私用パソコンから、ファイル共有ソフトを介してネット上に流出したと発表した。

流出したのは、端末の設定業務のために第一三共(旧三共)から受託した業務関連情報。2月12日に、同社従業員の所有するパソコンからWinnyネットワーク上へ流出していたことが判明した。流出データには、2003年12月当時の従業員約6000人分の氏名や社員コード、所属コード、部署、役職、メールアドレス、ファックス番号などが記載されたリストが含まれている。

第一三共によれば、社員コードなど業務情報は現在利用されておらず、端末の設定作業時に使用した各種リスト、計画書、手順書についても、現在の業務に支障をきたす情報は含まれていないという。

(Security NEXT - 2008/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
Adobe、複数製品向けにアップデートをリリース - 深刻な脆弱性を修正
契約者情報が委託先から漏洩、委託先社長が窃盗罪で起訴 - NHK
不正アクセスでクレカ情報流出、不正利用された可能性 - スポーツ用品通販
IPA、若年層向けコンクールの受賞候補作を公開 - 意見募集
メール誤送信で推薦入試出願者のメアド流出 - 県立広島大
顧客情報含む業務用携帯を紛失 - 中部ケーブルネットワーク
成績情報含むUSBメモリが所在不明 - 奈良学園中
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール