Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜市、住民からのメール届かず - メールサーバの設定ミスで

横浜市は、サーバの設定ミスにより市役所宛のメールが一時受信できない状態になったと発表した。

委託業者がメールサーバを更新するため、設定作業を実施したが、誤って受信できないように設定してしまったもので、2月15日11時45分から15時58分まで同市宛てのメールが受信できない状態となった。

職員がメール送信できなかったことから問題に気が付き、復旧作業を実施した。その間に住民からもメールが受信されないといった苦情が寄せられたが、メールの具体的な不着件数は不明だという。

横浜市
http://www.city.yokohama.jp/

(Security NEXT - 2008/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバーセキュリティ月間の関連行事を募集 - 政府
8カ国から若者が集結する「GCC」 - 国内参加者の募集開始
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
メール誤送信で法人顧客のメアド流出 - すららネット
患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
ライブイベントの当選メールを誤送信、メアド流出 - 近畿大
国体参加者情報など含む開発中システムに不正アクセス - 日本スポーツ協会
マカフィーのコンシューマー製品に脆弱性 - アップデートがリリース
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書