Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公文書公開時に個人情報含む事務処理用リストを誤って提供 - 福岡市

福岡市建設局は、個人の氏名109人分が記載された非公開のリストを、公開請求者2人に誤って提供していたことを明らかにした。

誤って請求者に提供したのは、情報公開請求あたり作成した事務処理用のチェックリスト。建設工事に関する届出書の届出者および解体業者109人の氏名が記載されていた。2007年12月までは、同リストには情報公開請求の受付日と受付番号のみを記載していたが、2008年1月の担当者変更後、誤って届出者の氏名などを記載していたという。

1月25日に行われた2件の公文書公開において誤って提供。さらに同月30日に同様の請求があったが、2月6日に情報公開室の指摘により判明したという。同リストはすでに回収済みで、同市では対象となる関係者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2008/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「MyJCB」かたるフィッシング - カード口座が凍結されたとだまして誘導
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
指摘メールを削除、誤送信を隠ぺいした職員を懲戒処分 - 川崎市
不正決済機能を備えた「カメラアプリ」がGoogle Playに
重要インフラ防護でサイバー演習 - 過去最大約5000人が参加
「PSIRT Services Framework」の日本語版が公開
トレンド複数製品に管理画面回避のおそれ - パッチリリース
IT通信セクターの日米ISACが情報共有強化で覚書
個人情報含む表計算ファイルを誤掲載 - 浦添市